オフィシャルブログ

シンスプリント 脛骨過労性骨膜炎 甲賀市 湖南市 伊賀市 寺庄整骨院でよく診る症例シリーズ

シンスプリントは脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれています。

ランニングやジャンプを過度に繰り返し行った場合に

下腿の筋肉(後脛骨筋・長趾屈筋・ヒラメ筋)や筋膜、骨間膜

などが脛骨の骨膜を異常に刺激して骨膜に炎症をきたします。

 

陸上競技の中・長距離選手やサッカー、バスケットボール

バレーボールなどの走ることが多い競技に多く中学・高校の

選手(特に新人選手)に多く見られます。

 

特に疲労がたまった時に発症しやすいスポーツ障害です。

多くの場合、下腿(スネ)の内側に痛みが起こる障害です。

これが進行すると疲労骨折に発展することもあります。

 

シンスプリントの発生の原因・要因としてはいろいろ

なことが考えられています。

偏平足、回内足等の足の形

ランニングの量や質の急激な変化(初心者が急に走り始めた

時や走り込みの時期に多い)

足関節の柔軟性の低下やふくらはぎの筋力低下

走行に不向きなシューズやすり減ったソールのシューズ等

固い路面やグランドでの練習

 

寺庄整骨院での治療は微弱電流により、患部の痛みをまず改善し

足底アーチへ刺激を入れたり、運動通電やストレッチ通電を

行い、下肢のアライメントを調整していきます。

また、インソールの作成も行います。その後、必要に応じて

フィットネス部門にてパーソナルトレーニングを受けて

いただいております。